2017年08月インターンシップレポート

大学4年生にとって主に悩んでいることは卒業するためにインターンシップ報告を作成したり、実際な経験を身につけたりすることです。

2017/09/27
続きを読む
大学4年生にとって主に悩んでいることは卒業するためにインターンシップ報告を作成したり、実際な経験を身につけたりすることです。

2017年の夏に株式会社JVBベトナムハノイ国家大学・科学大学の情報技術部の実習生6名を歓迎しました。

JVBでの初日、実習生たちはすこし恥ずかしがるわけですが、JVBのような若々しく親しみやすい環境ですぐに慣れて、先輩と仲良くなってきました。

news
news

JVBで実習する時にプロフェッショナルな職場で体験できるし、勉強してきた知識を実際に適用できるし、実行中のプロジェクトを通じて経験豊富な開発者の先輩から色々と教えてもらいました。

news

開発の技術だけではなく報告のやり方や課題の説明し方などソフトスキルも身につけてきました。また、JVB社主催のチームビルディング活動やパーティーなどにも楽しく参加しました。

news


情熱に従えば、成果は必ずとついてくるのです。実はIT開発の業界で男性だけではなく女性エンジニアは優秀な人も多い。JVBの女性実習生も多くの進歩を遂げてきました。

news

実習の最終日は実習生たちの印象的な報告会でした。体験してきたことを振り返るとJVBでの思い出は忘れられないはずでしょうね。実習生のみなさん大学の素晴らしい成績をお祈りし、卒業後、JVB社に戻ってくることを歓迎しています。

JVBは実際の知識を体験したい情熱のある若者向けのフールタイム・パートタイムの開発実習生を常時募集しています。お気軽に実習に来てください!JVBはいつもあなたを歓迎しています。